大砲の製造と深穴明け加工

夏期休暇中に大砲のことを調べました。第2次世界大戦の戦艦・大和や武蔵に搭載された大砲は46cm(45口径)3連砲。有効射程は20kmとのことから、そのすごさが伺えます。大砲の砲身は芯金鍛造して造られた内筒と外筒 【送料無料】 215/55R17 17インチ KOSEI コーセイ プラウザー リンクスBC 7J 7.00-17 PIRELLI ピレリ チンチュラートP6 サマータイヤ ホイール4本セット、そして中間にワイヤーの層があるヤキバメの3層構造。この製造方法は 、発射の衝撃がいかにスゴかったかを現しています。
私が若い頃、実際に大型艦船用の大砲を製造した経験のある定年前方が会社に居たので、興味深くその製造方法を聞いた。40年くらい前に聞いた話ですので、間違っている事もあると思いますが、概要下図のような製造方法です。

現在は、このような大口径の大砲は作られていませんが、各メーカーの大型鍛造技術から大型発電機用のローター製造、また同じ芯金鍛造方法からは、

、各種発電機用の大型鍛鋼リング材料が製造されています。またもちろん兵器としての大砲は、専用のBTA方式の深穴加工機械で加工されていると思います。

また、現在の大砲は、上記で説明して様な多層構造ではなく、1本(単筒)の材料からできており HKS エッチ・ケー・エス SUPER FIRE RACING M35i 4本セット カルタスワゴン GC21W G15A 96/2~97/4 ISOタイプ NGK7番相当 プラグ、射撃回数をカウントして、規定の発射回数で砲身交換をするそうです。
弊社では 【ビーナス】コンフォートシートレール SR6/7/LX-Fなど (インターナショナルタイプ ) DAIHATSU ミラ 【 L200S.L210S 】 ’90/3~ br DAIHATSU ミラ 【 L502S.L512S 】 左側、大砲などの加工は行っていませんが、BTA方式のカウンター加工で長尺パイプ用の内面加工を行っています。
STKM-13Aシリンダー用鋼管材料の内面孔拡げをしたり、射出成形機の長尺シリンダー内径加工を行っています。

カウンターヘッド

 

カウンターヘッドで孔拡げを行う

 

 

当社広島工場では 【ビーナス】コンフォートシートレール SR3/LX-VS,VFなど (IS05タイプ) DAIHATSU ミラ 【 L7#V 】 ’85/8~’90/2 右側、大径パイプの内径加工用にボーリング機も設備しています。切削油は HKS フラッシュエディターS660 DBA-JW5 S07A(TURBO) 15/04- 6MT/CVTともに適合、自動で切れ刃部分だけに供給されます。硬度の高い耐熱鋼などの加工もバリバリこなす頼もしい存在です。

【仕様】
・内径:275 ~ 750mm
・長さ:1,200~6,000mm
(トンボ加工で9,500mm)

政府認証マフラー【Ecoプライスシリーズ】 Type[S] 2BH-AF77 エヌアールマジック JBH-AF77 Type[S] ジョルノ NRマジック プラチナX-クロス フルエキゾーストマフラー ジョルノ JBH-AF77