ミシュラン PILOT SPORT4S サマータイヤ 225/45R19 HotStuff Stich Legzas fuhler シュティッヒレグザスフューラー ホイールセット 4本 19インチ 19 X 8 +48 5穴 114.3

By ③移籍・トレード

カイリー・アーヴィングがトレード志願したそうです。
極めて真っ当な要求だと思います。キャブスの試合を見る度に「これで満足しているのか?」と疑問に思っていましたが、やっぱり不満を抱えていた様です。
優勝を目指すチームにおいて、そんな不満を表に出さず、そしてチームのために3年も我慢したのだから、アーヴィングの要求はしっかりと受け止めてあげる必要があります 幌・ソフトトップ PORSCHE OEM 1994 911 Convertible/soft Top-Lever Right 96456317400 PORSCHE OEM 1994 911コンバーチブル/ so ftトップレバー右96456317400。
そうでなければ戦術を見直すわけですが、ワガママキングのチームではそれは叶いません。




◯本来のカイリー・アーヴィングとは?

 

前回のクリス・ポールの記事でも触れましたが、管理人はアーヴィングを単なる1on1ファイターだと思っています。

ボールはレブロンに支配され、回された時は自分で決めることを要求される。PGの役割が変化したとはいえ、それはより幅広くなったのであり、アーヴィングみたいに得点にタスクが限定されたらPGとはいえません。

しかし、レブロンが来るまでは若い有望なPGでした。レブロンが欲しがるのはチームプレーに難点のある選手と自分のプレーに合う選手ばかりで、アーヴィングはどんどんタスクを限定されていきました。

自分が主役になれるチームに移籍したいのではなく、自分がPGでいられるチームに移籍したいのだと思います。



それではアーヴィングの本来の姿はどんな選手なのでしょうか 【エスペリア】HONDA ステップワゴン STEPWAGON RP系 スーパーダウンサス RP4 L15B H27/4~ 4WD 1.5L ターボ / スパーダ / スパーダ・クールスピリット フロント。レブロンとチームメイトになる前年の成績と3年後の2016ー17シーズンから考えてみます。

ポイント 20.8 → 25.2
FG 43.0% → 47.3%
3P 35.8% → 40.1%
アシスト 6.1 → 5.8
ターンオーバー 2.7 → 2.5

本人が成長したというのも大きいわけですが、今の方が個人でも良い結果を残しています。特に得点力は驚異です。

 

あれっ?でもちょっと待って。

「オレはもっとチームの中心として得点したいんだ!ボールをオレに持たせろ!!」

なんてのはよくある話だけど、このケースってレブロンやラブが加入してむしろ得点増えています。序列は下がったかもしれないけど、個人の活躍度は上がっているわけです。

 

FG本数
17.4→19.7

そんなわけでシュートを打つ本数も増えています。レブロン加入から2年は少し減りましたがそれでも16本以上打っています。

かつては弱小チームで唯一のスターだったのに今よりもシュートをシェアしていたわけです。

本来は1on1ファイターではない選手だという事がみてとれます。



というわけで、どうやらアーヴィング個人の活躍度に不満があるとは思えません。レブロンHCのバスケが嫌そうです。それはどんな違いがあったのでしょうか。

チーム平均得点、FG本数
98.2点 → 110.3点
84.8本 → 84.9本

ドアマットチームからトップチームになったので得点は大きく違いますが、FG本数は同じなので確率が大幅に向上しています [KYB] カヤバ ショック NEW SR SPECIAL フロント左 1本 セレナ KBNC23 91/06~94/05 SR20DE 4WD ABS無し車 送料1000円(税別) ※北海道・沖縄・離島は送料別途。オールスターのビック3で70.6点をあげています。FGにすると84.9本中52.4本をビック3で打っています。

3年前はアーヴィングも含めたトップ3人で51.8点で、84.8本中44.3本です。

つまり決められる選手にシュートを集中したオフェンスにシフトしたことになります。逆にいえば昔は全員オフェンスをしていました。効率よくシュートが決まっていくバスケはやっていて楽しいのが普通ですが、いくらなんでも集中し過ぎなのでしょう。



パス本数

アーヴィング個人
55.7本 → 51.8本
キャブス
304.9本 → 280.7本
キャブスの中でアーヴィングの占める割合
16.1%→16.2%

これだけだと単にパスが減っただけですが、かつては最もパスを回していたアーヴィングが56本程度であり16%でしかなかったのに、今は1番多いのはレブロンで19.1%の59.1本のパスをしています。

全体が24本も減ったのに、1人で60本もパスする選手が加わったわけです。

自分が中心だったパスを回すチームでもボールを独占していなかったアーヴィング。
それがパスを回さないチームになった上に独占しまくるレブロンが現れたわけだから、尚更パスが回っていないように感じるだろう 【送料無料】Weds(ウェッズ) REVSPEC PRIMES(レブスペック プライム) 品番:PR-S159 フロント用 ミツビシ ランサーセディアワゴン CS5W ターボ '01/5~'03/1 Weds [ブレーキパッド 自動車]。
レブロン個人とプレーするのが嫌になった気持ちも理解できます。



オフェンス時のチーム平均移動速度
4.62(リーグ3位) → 4.25(リーグ30位)

そんな全員でボールを回すチームは、リーグでもトップクラスの人も動くチームでした。それがリーグで最も動かないチームに変わったのでした。

アーヴィングの平均移動速度
4.55 → 4.32

チームが動かなくなった事に伴いアーヴィングもやはり動かなくなりました。この数字でも当時のチームでは動かない部類に入る選手でしたが、今ではスターターの中で2番目に動いています。

ちなみにリーグ全体のデータを引っ張ると486人の選手がいるのですが、レブロンは4.01で463番目なので、リーグでトップクラスの動かない選手です。



ちなみに意外なのが
今回比較しているのは13-14シーズンなのだけど、この年最もパスを回さなかったチームはなんとウォーリアーズ。それも圧倒的にパスしなかったのです。

それがどんな変化だったかというと

246.6本(リーグ30位)→317.2本 (リーグ5位)

なんと70本も増やしています。スティーブ・カーは就任当初300本パスを回せば勝てるという話をしてカリーは感動したらしいです。(300何本かは忘れました)

3年の月日は両チームを対極へと推し進めた。



そんなわけでレブロンとプレーする事でアーヴィングはシュート機会を得て、スタッツを伸ばし、中心選手としての活躍度を大きくしました。有名にもなったし。

キャブスはレブロンがGM兼HC兼エースとなり、非常に高いオフェンス効率を生み出すチームとなりました。

その一方でチーム全員が走り回り、ボールを回し、シュートを打つ「アーヴィングに頼らないチーム」だったのが、「走らない回さない頼ってくるチーム」に変わりました。

アーヴィングは主役になりたいのではなく、PGとしてチームを機能させる存在でありたいのだと思わせるのに十分な数字だったと思います。

そしてアーヴィングの理想はそれこそウォーリアーズのようなオフェンスにあったのだろうと思われます RC1-2 オデッセイ ODYSSEY フォグカバー【ノブレッセ】オデッセイ RC1 アブソルート用 エクステStyle フォグダクトフレーム メーカー艶消しブラック塗装済品。



◯移籍希望先から考える。

アーヴィングが希望したとされるのは、スパーズ、ヒート、ウルブズ、ニックスです。もしも自分がチームで1番の存在でありたいならば、スパーズとウルブズの名前が出てくるはずありません。

レナード、バトラー、タウンズよりも格が高いと思っているならレブロンにだって楯突けるはずです。

そしてスパーズとヒートはそれぞれパーカーとドラジッチがPGとしてボールを長く保持しながらも、常に動きながらプレーし、チーム全体にボールを供給し、どこからでもシュートを打っていくチームです。

つまり以前のキャブスのオフェンスがバージョンアップしたチームです。



ウルブズを希望したのはバトラーの存在と言われます。元々はブルズが良かったと。何故そこまでバトラーが好きなのかはよく分かりません。同じ様に地球が平たいと思っているのかもしれません。レブロンの影である自分とローズの影だったバトラーを重ね合わせているのかもしれません。

いずれにしてもバトラーはよく走ります。そしてブルズもインサイド陣も動けるメンバーを多くしています。

ウルブズでみてもそれは同じです。バトラーとウィギンズの両翼にタウンズがいる布陣でPGをしたくないなんて選手は珍しいでしょう。

ミシュラン PILOT SPORT4S サマータイヤ 225/45R19 HotStuff Stich Legzas fuhler シュティッヒレグザスフューラー ホイールセット 4本 19インチ 19 X 8 +48 5穴 114.3 正規通販

【H075】エアウェイブ [H17/5-H22/8][GJ1/GJ2] ワイルドステッチ Bellezza ベレッツァシートカバー;CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L747D (クラブリネア L747D) 21インチ 9.0J PCD:115 穴数:5 inset:13 DISK TYPE:LOW カラー:ブラックポリッシュ [ホイール1本単位]/H;MCS エムシーエス ホイール関連パーツ ビレット先端ホイール アクスル SOFTAILリア【BILLET TIP WHEEL AXLE SOFTAIL REAR】 SIZE:41.5CM

ミシュラン PILOT SPORT4S サマータイヤ 225/45R19 HotStuff Stich Legzas fuhler シュティッヒレグザスフューラー ホイールセット 4本 19インチ 19 X 8 +48 5穴 114.3;ROCKY/ロッキー 業務用ルーフキャリアオールステンレス製適合車種:キャリィDE51・DF51・DA52・DB52・DA62・DB62系タイプ:標準ルーフ[品番: SE-400 ] 6本脚【smtb-k】【kb】【カード分割】;KENDA ケンダ KOMET PLUS KR23 サマータイヤ 165/60R14 MANARAY EUROSTREAM BV25 ホイールセット 4本 14インチ 14 X 4.5 +45 4穴 100;【割引クーポン配布中】Clazzio/クラッツィオ Real Leather(リアルレザー) ミライース/LA300S H23/9~H24/4 リフター有 2列目ヘッドレスト無 カラーグレー【21EDA6506G】;【送料無料】 175/70R14 14インチ WEDS ウェッズ ザミック ティート 5.5J 5.50-14 LAUFENN ラウフェン G Fit EQ Lk41 サマータイヤ ホイール4本セット

Kansai SERVICE 関西サービス カーボンリアリップ ロードスター ND5RC HKS関西, KYB(カヤバ)ショックアブソーバー New SR SPECIALセット ランサー/ミラージュ CM5A グレード(GSR,VR-X) 用, clazzio シートカバー クラッツィオツィールタイプ スズキ ハスラー 型式 MR31S/MR41S 年式 H26/1- グレード G/Gターボ X/Xターボ J-STYLE/J-STYLE2/J-STYLE2ターボ J-STYLE3/J-STYLE3ターボ F-LTD/F-LTD2 ≪シートリフター有/ボックス付肘掛仕様≫※G-MT車/A不可, YOKOHAMA ヨコハマ ジオランダー AT A/T G015 サマータイヤ 215/65R16 MANARAY EUROSPEED ユーロスピード G10 ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6 +45 5穴 100, 【D766】キャストアクティバ [H27/9-][LA250S / LA260S] カジュアルG Bellezza ベレッツァ シートカバー [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L747S (BRC) 20インチ×8.5J PCD:130 穴数:5 インセット:28

さらに言えばルビオが担っていた役割はパーカーとドラジッチに近しいものがあります。バトラーが居なくてもウルブズは条件にあったはずです。



ニックスは謎です。大都会だからでしょうか?でも田舎も好きそうだし。

再建に付き合うならニックスって事なのでしょうか。自分が加入すればFAで誰か取れるからでしょうか。

しかし、ハーダウェイjrと高額契約した今、ポルジンギスと3人で成長を目指すのは些かリスキーな気がします。
ニックスの存在がアーヴィングの希望を謎にしてしまいます。



そんなわけでニックスを無視すれば、希望するチームから考えても全員が機能するオフェンスチームを好んでいるのがアーヴィングです。

パーカー、ドラジッチ、ルビオはオフェンスを主導しますが、例えばウエストブルックやハーデンのように「自分が決めるために仕掛け、ディフェンスが寄ってきたらパス」するタイプではなく、「ボールを自分で動かしながら相手の陣形を崩し、仕掛けるべき選手にパスをする」タイプです。

そして隙を見て自分が決めます。アーヴィングの超絶技巧は長くボールキープするこのタイプのオフェンスにマッチすると思います。

それがアーヴィングの希望なのでしょう。



アーヴィングがレブロンに嫌気がさしたというウワサが真実だと仮定して、その上でデータを見ていくと信憑性があります。

真実でなければ、世の中のメディアもレブロンのワガママ放題は酷いな、と思っていたのをぶちまけている事になり、それはそれで面白いですが 。



そういえばファイナルの時期にレブロンは本当はウォーリアーズみたいなバスケがしたい、というコラムが公式にありましたが、アーヴィングだって割とそんなバスケがしたいわけです。

チームの中心2人が志向しているのに全く違う事をしていたのは何故でしょうか。なんでレブロンは走らないのでしょうか。味方のために走る選手だったなら、こんな事態にはならなかったと思います。

次回は実際にどこにトレードするべきかを考えます。

“カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える” への3件のフィードバック