>  > DIXCEL (ディクセル) フロント ブレーキローター HD 1312729 フォルクスワーゲン PASSAT (B3/B4) 3AAAA 94~98/3 Variant 2.8 VR6

DIXCEL (ディクセル) フロント ブレーキローター HD 1312729 フォルクスワーゲン PASSAT (B3/B4) 3AAAA 94~98/3 Variant 2.8 VR6


不登校ひきこもりのとき、先生の訪問に対して感じていた温度差についての ACRE ブレーキパッド ■アクレ レーシングプロ リア 【品番:294】 マツダ MS-8 MB5A / MB5P 92.3~98.2 、おはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。


DIXCEL (ディクセル) フロント ブレーキローター HD 1312729 フォルクスワーゲン PASSAT (B3/B4) 3AAAA 94~98/3 X-TRAIL Variant フジツボ 2.8 VR6


わたしが不登校ひきこもりになったころ、高校の先生が頻繁に自宅へ訪問してきました。

わたしは、それがすごく嫌でした。何度か訪問が続いたとき、耐えきれずに、短時間のあいだ、家出をしました。夜だけど、田舎だから街灯もない。誰にも会わない自信があったので。わたしは先生が帰ったころに帰宅しました。

それから、先生の訪問はなくなりました。やっと、自宅が安全地帯になったのです。

先生は何もしてくれない。自宅への訪問では、「学校へきたらどう?」とか「どうして学校に来ないの?」とか、いつも同じ質問をされて、うんざりです。

先生を信頼していたら、本格的な不登校ひきこもりになる前に相談していたと思います。先生に話すことなんて、何もないのです。

先生は、いつも、ふたりで訪問していました。担任の先生と副担任。わたしは副担任の女性教師とは、あまり交流がありません。その影響もあってか、副担任の先生は、毎回つまらなさそうな顔をしており、自分のふがいなさや、焦りを増幅させました。

担任の先生は、いらだった表情をしていなかったのですが、副担任の女性教師の表情を見るたびに 15インチフリード スパイクGB系WEDS レオニス NAVIA 02 マットブラック 5.5Jx15ZIEX ZE914F 185/65R15、担任の先生の行動も Clazzio クラッツィオ ジャッカ EH-0447 ライトグレー エリシオン RR1/RR2/RR3/RR4、心配しているふり、誠実な対応をしているふり、そういう演技なのだろうなと感じていました。


不登校ひきこもりの子どもに先生が会いたがるときには


学校の先生は ■エスペリア スーパーダウンサスラバー【BR-1766R】リア 三菱 ミニキャブ バン DS17V 4WD ブラボーターボ / ブラボー / G / M R06A H27/3~、不登校ひきこもりになった子どもに会いたがります。でも、子どもと会ったからといって テールライト 07-13 Toyota Tundra Limited Foglamps High Stop Light Taillights Black Headlights 07-13トヨタ・トンドラ限定フォグランプハイストップライト・テールライトブラックヘッドライト、社会復帰に向けた対応を、家族と一緒に考えてくれる先生は少ないように感じます。

不登校ひきこもりである子どもが、先生と会いたがっているのであれば、定期的に会うと良いのでしょうが、本人が会いたくないというのであれば、積極的に会わせる必要はないように思います。

不登校ひきこもりになって、感覚が過敏になっていると、先生のちょっとした態度によって、気持ちが不安定になってしまうこともあります。先生が、義務として、自分に会いに来ていることにも、気づいてしまいます。

自分が受け持つクラスの子どもが不登校になって、何もしないわけにはいかないから、訪問をしたり、電話をしたり、流れ作業として対応しているような。

外の人間と関わりたくないから、安全地帯である自宅にこもっているのに、先生が訪問を続けていたら、落ち着いて休むこともできません。

不登校ひきこもりの子どもにとって、大切なのは、安全で安心な場所で、ゆっくり休むこと。気持ちが疲れているのですから、ゆっくりと心に栄養を蓄える時間が必要です。


先生は不登校ひきこもりの専門家じゃない


先生と本人や家族の温度差について、自分が、不登校ひきこもりのときには、「先生は何もしてくれない」「何もしてくれなかった」と感じていましたが、いまは、それも仕方がないことだったと考えています。

なぜかというと、先生は、不登校ひきこもりの専門家じゃないからです。先生の仕事は、学校に通っている生徒たちをまとめることであって、学校に通わせることじゃないんだなあと。

自分の受け持つ生徒が、不登校ひきこもりになったとしても関わりをもつのは、一時的な期間であり、一生伴走するわけじゃありません。だから、責任をもって対応するのは、難しいと思います。

不登校ひきこもりである子どもや家族が、抱いている気持ちと、温度差があるのは当たり前です。

不登校ひきこもりに対して、何か行動を起こすのは、先生の役目じゃなくて、本人あるいは家族の責任。先生は、不登校ひきこもりの子どもにとって、部外者だから、行動を期待してはいけないのです。

時間は、あっというまに過ぎてしまいます。人に期待して、落胆するのではなく、自分によって変えられることを、ひとつずつこなしてください。小さな一歩は、いずれ、大きな未来になって返ってくるはずです。


関連記事 :
不登校ひきこもり支援「待つ」は何もしないとは違う


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。



1312729 PASSAT フォルクスワーゲン VR6 ブレーキローター 2.8 Variant HD (B3/B4) 94~98/3 3AAAA フロント Variant 94~98/3 DIXCEL (ディクセル)

    タグ :
    先生
    カオス期(不登校初期)